ニキビケア 体内

体の内からニキビケアで体質改善

 

ニキビケア 体内

私は、思春期から30代までずっとニキビで悩んでました。

 

多くの市販の塗り薬を試したものの効果はいまひとつでした。
結局悩んだ末、皮膚科に受診しました。

 

 

ビタミン剤と抗生物質の錠剤と塗り薬で、にきびが気になるときだけ使用します。
抗生物質は効果大ですが、体への負担を考えると長期間はお勧めできません。

 

 

簡単なケア方法で効果があったのが、野菜(ビタミン)を多くとり、
しっかり睡眠時間を確保して規則正しい生活を送るとニキビができにくい体質になりました。

 

 

 

ニキビを隠すためにファンデーションやニキビ隠しの化粧品を使用すると、
その時はきれいになれますが、
その後にニキビが治りずらくなるため、あまり使用しません。

 

 

ニキビは生活習慣病みたいなものですから、規則正しい生活を心がけています。



トップページ